綾瀬はるかさんが来た!

9月23日 会津祭りに綾瀬はるかさんが参加しました。

昨年より四万人も見物客が増えたそうです。

画像は経理Nさんが撮影。「人だかりでほとんど見えなかった」とのこと。

それでも見事に撮影成功。ファンの執念ですね。

049 048

大内宿 屋根の葺き替え

002ここ一週間ほど、大内宿の松葉屋さんの応援に行ってきました。

加登屋(かどや)さんで茅葺屋根の葺き替えをしていたので写真を撮ってきました。

古い萱を剥がしているところです。

桜情報 石部桜 その二

004 005005今日の石部桜です。

ぱっと見た感じは、昨日と同じです。

ただ、近くからみると、少し葉っぱが目立ってきたような、、、。

桜情報 石部桜

003

大河ドラマ『八重の桜』のオープニングで有名になった石部桜が満開です。

土日あたりまでが見時だと思います。

当社から徒歩5分ほどで行けます。駐車場が近くにないので、当社の駐車場をご利用ください(駐車代無料です)。

 

八重の桜と白虎隊 八重の家 その二

2013.6.30 005_R

先ほどの案内ボランティアの方に教えてもらったのですがこのあたりに山本家の鉄砲の試射場だったそうです。

八重になったつもりで、膝撃ちに構えてシャッターを押してみました。

 

八重の桜と白虎隊 八重の家

2013.6.30 007_R

写真は八重が暮らしていた山本家があった場所の現代の様子です。

貸駐車場と後ろの赤い屋根のお宅のあたりが山本家があった場所です。

写真手前の道路が今も残る米代四ノ丁です。

案内のボランティアのかたの説明によると、山本家は家禄はあまり高くなく、今日の市役所の係長さんくらいの収入だったそうです。

 

八重の桜と白虎隊 新四郎濠の戦い

2013 018_R

赤井谷地から1キロほど滝沢街道を会津に戻ると新四郎濠という用水路があります。

戸ノ口原からの敗走中、白虎隊はこの用水路を塹壕代わりにして西軍を迎撃しようとしましたが2名が戦死し飯盛山へ落ち延びていきました。

写真はその新四郎濠なのですが、草がいっぱいで見えますか?

でも実際に白虎隊が戦った現場に立てて感慨無量でした。前回はイノシシでしたから・・・。

と思っていたら、白虎隊が戦った濠は別のものだったなんて説もあるらしく、ウーン難しいですね・・・。

八重の桜と白虎隊 番外 イノシシ

戸ノ口原で敗れた白虎隊は、戸ノ口原から1キロほど離れたこの赤井谷地(あかいやち)まで散発的な戦闘を繰り返しながら退却しました。

ということで写真を撮ろうとしたのですが、写真の笹の中を100キロはありそうなイノシシがものすごいスピードで横切っていきました。

シャッターチャンスを逃して残念なのか、無事でいられてツいているのか、微妙なところです。

赤谷地

赤井谷地

八重の桜と白虎隊 十六橋

2013 030 2013 035

日橋川(にっぱしがわ)にかかる十六橋は猪苗代湖北岸の要衝でした。

東軍は西軍の進撃を止めるため、この橋を破壊しようと試みますが、石造りだったので破壊に手間取っているうちに西軍の火力に押されて退却しました。

実際に来て見ると、川幅は100メートル程もあり、橋の破壊が成功すれば、渡河作戦を強いられたであろう西軍を苦しめることが出来たのでしょう。当時の川幅が今と同じかどうかこんど調べててきますが・・・

写真は西軍側からみた橋です。

橋のそばの森に瀟洒な洋館が建っています。

 

 

八重の桜と白虎隊 滝沢旧道

2013 005_R2013 004_R

滝沢本陣を出て東に3百目メートルほど行くと滝沢旧道(旧越後街道)があります。

白虎隊はこの道を歩いて激戦地 戸ノ口原に出撃しました。

写真は入り口のようすです。

少しだけ歩いてみましたが、道は石畳で廻りは深い森。もちろん街灯もありません。

むかしの街道とはこんな感じだったのでしょうか。

現在でも十六橋や戸ノ口原までつながっています。

ただし、熊が頻繁に出没するので、正直歩くのはおすすめしません

私も入り口から500メートル程で怖くて帰ってきました。